Mr.Chicken鶏飯店

今月2日原宿にオープンした、シンガポールチキンライスの店『Mr.Chicken鶏飯店』に行ってきた。

場所は竹下通りの中程にあるセブンイレブンの向かいの道を入り、細い路地を右に下りたところ。


大きな地図で見る

店内は白一色のシンプルな造りだが、鶏がぶら下がっているのが見えるガラス張りの調理ブースが印象的。

夜のメニューはこんな感じで、裏にはドリンクと一品料理のメニューが。

mc-menu.jpg

ホワイト(蒸し鶏)のセットは850円、ブラウン(揚げ鶏)のセットは900円だ。

大人数だと、ホール(一羽丸ごと)で頼むこともできる。

下の写真はホワイトのセット。チキンスープも一緒に付いてくる。

mc-dish.jpg

料理が少なく見えてしまうので、メニューと同じ舟形の皿を使った方が良かったのではないだろうか。

味の方だが、チキン(ホワイト、ブラウンとも)のみならず、スープやスープで炊いたライスが美味しかった。

ただし、チキンは細い短冊状に切られており、もう少し幅広に切ってくれたほうが食感がいいと感じた。

+200円でチキンの量が2倍になるので、そちらをおすすめしたい。

オーナーの二人は、高校卒業まで暮らしたシンガポールのチキンライスに魅せられ、脱サラしてチキンライスの移動店舗を始めたとのこと。

原宿には最近シンガポールのホッケンミーの店『YacMan』もオープンしたばかり。

二つのお店が共同してマーケティングや食材の調達を行うというのはどうだろう。

カテゴリー: 食べ物 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です