iPhoneの液晶が壊れた

昨日の朝、iPhoneのアラームを止めようとしたところ、画面が表示されずあわててしまった。

暗い所で見るとほんのりと光っているようだが、濃い鼠色のまま何も表示されない。

iTunesに繋ぎ、工場出荷時の状態に復元しようとしたが、画面は暗いまま。

このiPhoneは2年前の6月に機種変更したiPhone 4。

昼休みに近くのSoftBankショップに持って行ったところ、これはApple Storeでの修理になり、13,800円払って交換になると言う。

交換されて戻ってくるのは当然最新のiPhone 4Sではなく、一つ前のiPhone 4になるとのこと。

8月になれば新しいiPhone 5の発表がされそうなこの時期に、新品のiPhone 4をもらうのは何とも癪である。

結局渋谷にあるiPhoneの修理屋に持って行き、液晶を交換してもらうことにした。

iPhone 4以降は、液晶とフロントパネルが一体となっているので、フロントパネルごと交換するとのこと。

使うパーツは非純正品で、7,800円になると言う。

液晶は純正品と同じだが、フロントパネルのガラスが違い、指紋が付きやすいタイプだ。

液晶保護シートを貼れば同じだし、どうせ秋には自分で使わない端末なので、それにすることにした。

それにしても、何ともタイミングの悪い時期に壊れたものだ。

カテゴリー: iPhone タグ: パーマリンク

iPhoneの液晶が壊れた への1件のフィードバック

  1. ピンバック: iPhoneがブラックアウト | 天網快快

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です