データ消失

朝日新聞デジタル:レンタルサーバー会社でデータ消失 5千社・団体に影響 – 社会

ヤフーの100%子会社でレンタルサーバー事業を行っているファーストサーバ株式会社が、プログラムのミスでデータを飛ばしてしまい、5千社(団体)に影響が出ているそうだ。

fs-1.jpg

この会社は企業のWEBサイト用のサーバーやメールサーバーなど、比較的単純なサービスを格安で提供している会社のようである。

グループウェアで国内No.1のサイボウズ社も、同社の『サイボウズ Office 9 for ASP』のサービス提供会社の1社としてファーストサーバ株式会社と提携していたようだが、ファーストサーバ株式会社から同ASPサービスの提供を受けていた会社は、瞬時にして顧客データ、メール、予定表、稟議書などのデータが吹っ飛び、使用不可能な状態になっているとか。

ニュースサイト – ファーストサーバ様インターネットサーバー障害について(12/06/22)

ちょうど私の会社でも社内に置いた(オンプレミス)のファイルサーバーを社外のホスティングサーバーに切り替えようという話を進めているところだが、価格だけでは決められないということを、改めて気付かさせてくれた事件である。

カテゴリー: クラウド, 社会 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です