コールスロー

昼飯の時間がどうしても取れない場合、近くの吉野家に駆け込むことがある。

注文するのは決まって肉皿とけんちん汁とコールスロー。

米粒の代わりにコールスローを食べるのだ。

ケンタッキーフライドチキンを食べる時にも必ずコールスローを注文する。

ところが何故コールスローと呼ぶのか、ずっと謎であった。

Wikipediaで調べたところ、オランダ語の “koolsalade” がなまったものだということが分かった。

“koolsalade” とは、キャベツのサラダという意味らしい。

それが英語になる時に、”cole slaw”となったらしい。

明日から自信を持ってコールスローを注文することができそうだ。

カテゴリー: 食べ物 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です