金環日食

今日は日本から金環日食を見る事のできる日。

国立天文台によると、金環日食を国内で見られるのは1987年9月23日の沖縄以来約25年振り。日本の広い範囲で見られるのは平安時代以来932年ぶりとのこと。

先週家の中を大掃除していたら、前回(2009年?)の部分日食の時に購入したが、封も開けていなかった日食観測グラスを発見したので、このグラスを使って観測することにした。

kinkan.jpg

6時に起きたら東京の東の空は薄曇りだったが、15分頃から雲が切れて太陽が顔を覗かせて始めた。

日食観測グラスを通して見ると、右の上から段々と欠けていくのがわかる。

今朝は朝から誕生月の人間ドックが入っているので、ゆっくりと撮影するわけにもいかない。

撮影はお得意な方にお任せすることとしよう。

カテゴリー: 身の回り タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です