スマホ連動ノート

先日LoFtに立ち寄ったところ、文具売り場にスマホ連動ノートのコーナーが作られていた。

どう言う物かと言うと、特殊なメモパッドに手書きで書き込んだ後、iPhone等の専用アプリで撮影すれば、ゆがみなどを補正した上でデジタルデータとしてファイリングできるという代物だ。

秘密はノートの四隅にブロック状のマークがついていて、アプリがそれを関知してうまく補正してくれるということらしい。

まず初めにキングジムが『SHOT NOTE』という商品を出して先行していた。

次にコクヨが『CamiApp』という物を出して追いかけた。

更にオーリッドという会社が『KYBER SmartNote』という商品で追随した。

ナカバヤシ無印良品なども出している。

『SHOT NOTE』が出た時は画期的だと思ったが、特許で追随者を防ぐことはできなかったのだろうか。

結局どれが良いのかわからなかった。

もう少し調べてみよう。

使い勝手はどうなのか? iPhone連動メモ帳レビュー記事まとめ | アクセサリ | iPad iPhone Wire

カテゴリー: iPhone タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です