運転免許の更新(2)

一昨日の朝、新宿免許更新センターへ行き、運転免許証を更新した。

8時30分から受付を始めるというので、10分前に行ったら8人目。

申請書の表に名前と住所を書き、裏の『病気の症状等申告欄』というのに✓印を付けて、目の検査(大きなCの字が三つだけ)と暗証番号の入力を済ませると、髪型を整える間もなく顔写真の撮影。

9時から30分間、ここ5年間の道交法の改正点の話を聞いた後、新しい免許証を手渡された。

ところで、申請書の裏にある『病気の症状等申告欄』には「該当する箇所の□に✓印を付けてください。」と書いてあるのだが、項目は以下の通り。

  1. 病気を原因として、又は原因は明らかではないが、意識を失ったことがある方 □
  2. 1に該当する方で、これまでの免許の申請時又は免許証の更新の申請時に申告していない意識消失の経験がある方 □
  3. 病気を原因として発作的に身体の全部又は一部がけいれん又は麻痺を起こしたことがある方 □
  4. 3に該当する方で、これまでの免許の申請時又は免許証の更新の申請時に申告していないけいれん又は麻痺の経験がある方 □
  5. 十分な睡眠時間を取っているにもかかわらず、日中、活動している最中に眠りこんでしまうことが週三回異常ある方 □
  6. 病気を理由として、医師から、免許の取得又は運転を控えるよう助言を受けている方 □
  7. 1〜6のいずれかに該当する方で、申請前に運転適性相談を終了している方 □
  8. 1〜6のいずれにも該当しない方 □

免許の更新申請に来た人が、1〜6の□に✓印を付けるわけがない。

かくして、突然意識を失ったり、けいれんを起こしたり、眠り込んでしまう人でも、簡単に免許の更新ができてしまうのだから、何とも恐ろしい話である。

license.jpg

カテゴリー: 身の回り タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です