気功

昨夜、太極拳の道場で気功を教えてもらっていた時に、不思議な体験をした。

心を安静にし、両手を顔の前で水晶玉の様な物を持っているがの如く掲げ、左右の指同士を向かい合わせていた。

左右の指の距離をもう少し縮めようとしたところ、まるで磁石のN極同士を近づけた時の様に反発し合い、フワッとという感じで押し戻される感じを覚えた。

指同士を触れ合わそうとしてもできないのだ。

指導員は、それは『気』が出ているからだという。

それが本当に『気』なのかどうかわからないが、いずれにせよ初めての不思議な体験だった。

カテゴリー: 身の回り タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です