鴻海が筆頭株主

シャープ堺工場、鴻海が筆頭株主 凸版などに株売却  :日本経済新聞

シャープが最新鋭液晶パネル工場を運営する子会社の株式を、台湾の鴻海(ホンハイ)や大日本印刷や凸版印刷に売却し、連結対象から外すとのこと。

シャープ自身も筆頭株主として鴻海の出資を受け入れることを発表している。

昨日のソニーが1万人の従業員をリストラするとのニュースにも驚かされたが、日本の電機メーカーは総崩れ。

技術的には決して劣っていなかったはずの日本企業だが、一体何故ここまで敗退することになったのだろう。

カテゴリー: 社会 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です