WiFi USBアダプタ

自宅でメインマシンとして使っているMacProを、別の部屋に移すことになった。

従来は有線(Ethernet経由)でBフレッツのVDSLと接続していたが、移動先の部屋には電話回線が無いのでVDSLを移動するのは困難だ。

ならばWiFi接続ということになるが、私のMacProはWiFiアダプタを搭載していない。

BTOで購入した時に組み込むこともできたのだろうが、メインマシンのインターネット接続は劣化を出来るだけ避けたいと考えたからである。

ということで、ハイパワーアンテナが搭載されたプラネックスのWiFi USBアダプタを購入した。

PLANEX 可動式ハイパワーアンテナ搭載 11n/g/b 300Mbps無線LAN USBアダプタ GW-USHYPER300 PLANEX 可動式ハイパワーアンテナ搭載 11n/g/b 300Mbps無線LAN USBアダプタ GW-USHYPER300

プラネックス 2010-09-24
売り上げランキング : 560

Amazonで詳しく見る by G-Tools

MacProの移転はまだ先になりそうなので、今の場所でWiFi接続に切り替えてみることにした。

私がVDSLに繋いで使用しているWiFiアクセスポイントはAirMac Extremeなので、WPSによる『かんたん接続』はできない。だからいつもの様に手動で接続だ。

更にメインマシンはDHCPでIPアドレスがコロコロと変わるのはマズイので、固定のアドレスを割り当てる。

AirMac Extremeとの接続は簡単にできたが、ネットには繋がっていない。

新しい接続設定のDNSサーバ欄が空白になっていたので、そこにプロバイダのDNSサーバを書き込んだら無事ネットに繋がった。

USHyper300.jpg

スピードテストをしたところ40bpsを超えており、有線の場合と比べて遜色はない。

speed.jpg

AirMac Extremeの設定がWiFi経由でもできるのか心配だったが、それも大丈夫だった。

対角線上の位置にある部屋にMacProを移動した後も、安定的に高速で繋がって欲しい。

カテゴリー: デジモノ タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です