50歳の母にサクラサク

神戸新聞|社会|母さん50歳東大合格 30年越しの願いかなう

浪人生の次男を持つ50歳の母親が、息子と一緒に東大を受験し、文科三類に合格したというニュース。

彼女は現役の時に京大、一浪の時に東大を受験したが合格できず、早稲田大学の文学部に進んだ。

そう言う意味では、30年越しのリベンジだ。

きっかけは、次男が昨年現役の時に東大受験に失敗し、一年間一緒に受験勉強することを決心したらしい。

息子は今年もあえなく理科二類に不合格となり、早稲田の理工に進むとのことだ。

このニュースをFacebook経由で教えてくれたのは、私の出身高校の後輩。

同窓生の親子が新聞に取り上げられているということで教えてくれた。

高校の先輩で彼女のいとこにあたる方によれば、東大ではラテン語や古典ギリシャ語を学びたいと考えているとのこと。

今大学生に戻ったら何を勉強する?

カテゴリー: 社会, 身の回り タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です