業平橋駅

東武鉄道が伊勢崎線の『業平橋駅』の名前を今日から『とうきょうスカイツリー駅』に変更したとのこと。

このニュースを聞いて「ああ、又しても悪のりだな」と感じた。

業平橋の名は「名にしおはば いざ言問はむ みやこ鳥 我が思ふ人は ありやなしやと」という歌をこの辺りで詠んだと言われる平安時代の歌人在原業平に因むものだそうだ。

だがこの駅は明治35年の開業時から業平橋という名前であったという訳でもないようだ。

開業時は『吾妻橋』で、その後『浅草』と改称し、昭和6年に『業平橋』となったらしい。

回りに駅が少なかった頃は少し遠い場所の名前で、駅が増えてくると段々と局所的な名前になり、とうとう最後は『とうきょうスカイツリー』になってしまった。

それにしても『東京』を『とうきょう』と書かなくても良いだろうに。

カテゴリー: 社会 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です