メールの監査

橋下大阪市長が職員のメールを監査したことに対して、組合がプライバシーの侵害だと息巻いている。

職場のメールシステムは業務用のものであり、そもそも私信を職場のメールでやりとりする方が間違っている。

民間企業では、会社が従業員のメールのやりとりを監査することは当たり前の事で、何ら問題は無い。

会社の規程には、メールの内容をチェックすることがあるとの条項が入っていることが普通だ。

そう言えば、同窓会の連絡網でも、民間会社に勤める人はプライベートのメールアドレスを連絡先にしている人が多いのに対し、お役所の方は職場のメールアドレスを連絡先にしている人が多い。

昔お役所に行くと、靴をスリッパに履き替えて、まるで「ここが私の家なんです。」みたいな感じの人が多かった。

公(おおやけ)が私事(わたくしごと)であり、私事が公という感覚の人が多いのかも知れない。

カテゴリー: 社会 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です