HPプリンタ互換インク

自宅で使っているヒューレット・パッカード(HP)のプリンタ『B210a』だが、本体は安かったものの、インク代が馬鹿にならない。

純正のインクだと、黒、シアン、マゼンダ、イエローそれぞれが1,000円程度、黒の増量だと1,900円。シアン、マゼンダ、イエローの増量だと1,480円もする。

Amazonで安く売っていないかと調べたら、こんなのが見つかった。

ヒューレット・パッカード HP178XL 5色セット 【増量】【互換インクカートリッジ】【ICチップなし(ICチップ要取付)】HP HP178XL-5CL-SET【インク】 ヒューレット・パッカード HP178XL 5色セット 【増量】【互換インクカートリッジ】【ICチップなし(ICチップ要取付)】HP HP178XL-5CL-SET【インク】

HewlettPackard(ヒューレッドパッカード)
売り上げランキング : 138

Amazonで詳しく見る by G-Tools

黒のXL、黒、シアン、マゼンダ、イエローの増量インクの5本セットが何と431円だというのだ。

目を疑うような価格だが、理由が一つあり、HP純正インクカートリッジに貼り付けてあるICチップを自分で剥がして付け替える必要があるらしい。

半信半疑で2パック購入したところ、下記の写真の様なものが黄色い事務用封筒に入れて送られてきた。

ink-1.jpg

何だかお菓子か酒のつまみの入ったお徳用袋の様な感じだが、インクカートリッジである。

ink-2.jpg

マニュアルが1枚入っていたが、読みづらく、何が書いてあるかはっきりしない。

ink-3.jpg

手前が純正カートリッジ、奥が互換インクのカートリッジである。

ink-4.jpg

純正カートリッジの底部にはICチップが糊で貼り付けてある。これをカッターでこそぎ落として互換インクのカートリッジに張り替えればプリンタをだますことができるという訳だ。

ink-5.jpg

カッターの刃の上に載っているのがICチップ。カッターの刃は錆びていたが、それぐらいが丁度良い。

これを互換インクのカートリッジに直接貼り付けてもいいのだが、そうすると交換の度に毎回貼り付け作業が必要となる

そこで、ICチップをカートリッジではなく、小さな台座の様なものに貼り付けて、それをカートリッジの下に敷くようにプリンタに取り付けることで、ICチップの張り替えを一度だけで済まそうという素晴らしいアイデアだ。

ink-6.jpg

台座を先に置いて互換インクのカートリッジをはめたところ、ちゃんと認識した。

印字してみたが、まずまずの品質である。

インク残量のレベルはICチップ毎に判断しているせいか、付け替えてもリセットされない。

純正インク以外を使用した場合、HPの保証が聞かなくなるので、あくまで自己責任で。

カテゴリー: デジモノ タグ: パーマリンク

HPプリンタ互換インク への1件のフィードバック

  1. ピンバック: HPプリンタ互換インク(再び) | 天網快快

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です