2012年度『テレビで中国語』

2012年度のNHK『テレビで中国語』のテキストが書店に並んでいる。

TV-C.jpg

今年度はココリコの田中直樹氏、日本に帰化した俳優阿部力氏、昨年に引き続き段文凝さんがパーソナリティを務めるようだ。

魯大鳴氏が登場しないのがちょっと寂しい。

NHKのHPによると、スキットの舞台は北京で、仕事のために中国語を話さねばならなくなった日本人ビジネスマンが主人公。

主人公や番組出演者と一緒に、基本文法を学習しながら、少しずつ話せることを増やしていく。

ビジネスで役立つフレーズも満載で、幅広く役立つ講座とのことだ。

ところで『テレビで中国語』のパーソナリティは、何故だか知らぬがこのところずっと関西の芸人(+女優)。

さて、ココリコの田中氏は1年でどれだけ上手になるかが見もの。

カテゴリー: 中国語 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です