腸腰筋のストレッチ

ここ数年来、慢性的な腰痛(左側の坐骨神経痛)に悩まされている。

職場の机が低く、机の高さに合わせる為に太腿とお腹の距離を短くしていることが原因だと思う。

上記の様な姿勢を長く続けていると、腰椎と大腿骨を繋ぐ腸腰筋(大腰筋や腸骨筋の総称)が縮んだまま固くなり、お尻の方に痛みが生じてくる。

この症状を緩和する為には、腸腰筋を伸ばしてやれば良いとの事だ。

痛くない方の足を前に踏み出し、痛い方の足を後ろに大きく引く、つまりこう言う体勢で鼠蹊部を伸ばしてやるのだ。

lunge.jpg

フレックスクッションを使ったストレッチのクラスに出た後や、クロストレーナーやエアロバイクで足を大きく後ろに蹴り上げた後は腰の調子が良くなるのは、ちゃんとした理由があったのだ。

週末はこれで回復するのだが、職場に戻るとまた悪化する。

これの繰り返しが続いている。

カテゴリー: 健康 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です