採暖室

昨日利用したジムのプールサイドには『採暖室』と称する小部屋がある。

一見してサウナの様ではあるが、あえて『採暖室』と表記されている。

sds.jpg

中はガラガラ。

それもそのはず、室内の温度が低くて寒いのだ。

室内で空気が動くと身体に冷たい風を感じる程だ。

これじゃあ汗をかくことはおろか、暖を採ることもできない。

室内を見回すと一枚の張り紙がしてあり、「保健所の指導により、当室の温度は採暖室としての設定温度の上限に設定しております。ご了承下さい。」なんて事が書いてある。

どうやら浴室(公衆浴場)に設置されるサウナとは異なり、あくまでプールサイドの採暖室として許可を受けていることから、室内温度を上げることができないようだ。

下の階の浴室から直接この部屋に上がってくることが出来るようにすれば、サウナとして営業してもOKなのだろうか。

カテゴリー: 身の回り タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です