Dropboxの容量を増やす方法

クラウド上のファイル置き場として便利なDropbox。

無料アカウントだと2GBの容量まで使えるが、すぐに一杯になってしまう。

まだ使っていない知人にユーザーになってもらうと、自分と知人の容量を250MBずつ無料で増やすことができる。

それでも足らない場合は有料で容量を増やすことになるのだが、ちょっと待って欲しい。

今なら無料で5GBの容量を増やせるのだ。

最近Dropboxは、カメラやスマートフォン等の写真や動画データを一括してDropbox上で預かるサービスを始めた。

先日リリースされたDropboxアプリのベータバージョンをインストールすると、設定→一般メニューに『Enable Dropbox camera import』というのボタンが現れる。

db-1.jpg

ベータアプリはこちら。
Mac OS X版
Windows版

Onにして、数枚写真が入ったデジカメをMacに繋ぐと、Dropboxにアップロードするか聞いてくるようになった。(iPhotoを使うというボタンも出る。)

Dropboxにアップロードする方を選ぶと、容量が2GBから2.5GBに増え、数枚の写真が『Camera Uploads』という名の新しいフォルダにアップロードされた。

普段デジカメには写真を殆ど残していないので、MacのiPhotoから撮り溜めた写真を1GB位デジカメに書き戻すと、Dropboxの容量が増えて、その写真が自動的にアップロードされる。

一度に4.5GBの写真をデジカメに書き戻してアップロードすれば良いのだが、写真の読み書きやアップロードは電池をとても食うので途中でデジカメとMacの接続が切れてしまう。

仕方がないので1GB程度ずつアップロードしたところ、最終的にDropboxの容量は7GBとなり、その全てを使用しているという状態になった。

db-2.jpg

あとはアップロードした写真を適当に削除すればOK。

この5GBのボーナスは、ベータバージョンソフトのテストの為だけなのか、正式バージョンになっても提供されるのかわからない。

だからDropboxを現在使用している人は、急いで試した方が良い。

まだDropboxを使っていない方は、是非こちらのリンクから登録を。

上記のリンク経由で登録して頂くと、貴方と私それぞれが250MBの容量をボーナスとしてもらえるので。

追伸:こんな簡単な方法があった。

Dropboxベータテスト参加で追加5GBを獲得するための手っ取り早い方法 | ひとりぶろぐ

カテゴリー: クラウド タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です