SONGS『沢田研二 ザ・タイガースを歌う』

昨夜、SONGS『沢田研二 ザ・タイガースを歌う』の再放送を録画で見た。

SONGS|これまでの放送|第204回 沢田研二 ザ・タイガースを歌う

解散以来芸能界を離れ、慶應義塾高校の中国語の教師をしていた、ピーこと瞳みのるが、2008年に岸部一徳 & 沢田研二が作詞し森本太郎が作曲した、ピーを思って書かれた『Long Good-bye』という曲に呼応して、昨年9月からザ・タイガースのメンバーとして復帰した。

中国語教師時代もずっとドラムを練習していたのではないかと思えるほど、ドラム裁きが格好良かった。やはり彼が後ろにいないとザ・タイガースとは言えない。

『僕のマリー』や『モナリザの微笑』など往年の名曲が次々と流れ、思わず一緒になって口ずさんでしまった。私はビートルズ世代ではなくザ・タイガース世代なのだ。

ジュリーのボーカルにサリーやタローの熟年のコーラスが優しくハモる。

昔のグループはハモりが綺麗だった。ジャニーズ系のグループはどうして皆単旋律でしか歌えないのだろう。

一昨日24日の武道館でのツアーファイナルには、シローこと岸部四郎が病をおして登場したらしい。

「ザ・タイガース」一夜限りの”復活” 岸部四郎「夢のよう」:芸能:スポーツ報知

あとはトッポこと加橋かつみが再び合流して、『花の首飾り』を歌ってくれることを願うばかり。

カテゴリー: 音楽 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です