傘の修理

昨年の秋、お気に入りの大きな傘を差して歩いていたところ、強い突風が吹いてきた。

おちょこにならない様に突風に対抗していたら、傘の骨が1本折れてしまった。

100円ショップで買った傘なら捨てても惜しくない。

だが、この傘は1,000円以上もしたので捨て難く、ずっと傘立てに置いたままになっていたのだ。(白いテープは折れた骨が布を破らないように貼っている。)

kasa1.jpg

昨日、この傘を自分で直そうと思い、東急ハンズで『傘の修理部品 黒三ッ爪 小 4個入』と言うのを115円で買ってきた。

修理をする為に、ラジオペンチとガムテープを用意する。

kasa2.jpg

これがその修理部品。折れた骨をこの部品で挟み、爪先を折り込んで固定するのだ。

kasa3.jpg

ガムテープは、傘が半開きになった状態を作る為に使用する。

kasa4.jpg

作業はとても簡単だ。

kasa5.jpg

もう一ヶ所今にも折れそうな骨があったので、ここも同じ様に修理することにした。

kasa6.jpg

これで完成。

kasa7.jpg

と言いたいところだが、ガムテープが綺麗に剥がせず残ってしまった。

修理をする人は、破れにくいガムテープを選ぶ様に。

カテゴリー: 身の回り タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です