ほんこん飯

昨夜、高田馬場と早稲田の中間あたりで飲み会があったので、久し振りに高田馬場からぶらぶらと歩いてみた。

10年振りなのか、20年振りなのか、皆目検討も付かない。

駅前の大型書店やレコード屋(今やレコードは売ってないかもしれない。)の看板だけは昔と同じであったが、その他の店は初めて見るような店ばかりに様変わりしていた。

そんな中で見覚えのある中華料理屋を見つけた。

『秀永』という至って普通の店だが、昔独身寮のあった早稲田交差点付近にも支店があり、そちらの店に良く行っていた。

香港のタクシー運転手が仕事の合間にかっ込むぶっかけ飯『香港的士飯』を日本風にアレンジした、お薦めの『ほんこん飯』も健在のようだ。

hk-fan.jpg

豚肉と野菜の辛味噌炒めをご飯の上にぶっかけ、その上に目玉焼きをのっけただけなのだが、なぜか病み付きになる料理だった。

家に帰って検索したが、残念ながら早稲田交差点付近の店は無くなってしまったようだ。

カテゴリー: 食べ物 タグ: パーマリンク

ほんこん飯 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 久々の『ほんこん飯 』 | 天網快快

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です