『九段下の壁』撤去

一昨日九段下で東京メトロ半蔵門線から都営新宿線に乗り継ぐ時、階段を上って一旦改札を出て、再び改札を通ってまた下に降りるという経験をした。

何だか無駄なことをしているなと思ったのだが、実は半蔵門線東行きと都営新宿線西行きのホームは、1つのホームを共有しているらしい。(方角で説明するのは、私が関西人だから。)

「幻のホーム」と「分断されたホーム」| nikkei BPnet 〈日経BPネット〉

10mのホームを2つに割って使っており、狭いところでは1.5mしかないとのこと。そう言えば都営新宿線ホームの階段付近はとても狭い。

先日東京都が、『東京の地下鉄一元化等に関する協議会』で合意した今後の取り組みについて発表した。

地下鉄一体化のサービス、続々と実現| nikkei BPnet 〈日経BPネット〉

それによれば、この『九段下の壁』の撤去の他にも、都営新宿線岩本町と東京メトロ日比谷線秋葉原駅の乗換駅化(乗り継ぎの際に70円の割引が効く)、都営大江戸線六本木駅と東京メトロ日比谷線六本木駅の改札共用化などの実現するらしい。

『九段下の壁』の撤去は1年以上先を予定しているそうだが、出来る事はドンドンとやってもらいたい。

カテゴリー: 社会, 身の回り タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です