『落語者』

東西の若手落語家が22分間の持ち時間で十八番のネタを披露する『落語者』というTV番組がある事を知り、毎週録画して楽しんでいる。

テレビ朝日で金曜の26時50分から27時20分までという非常に遅い時間に放送されている番組だが、HDDレコーダーのお陰で苦労なく見ることができる。

先々週と先週は、二週続けて笑福亭たまの高座だった。

今まで殆ど知らなかったが、京都大学経済学部を卒業してから笑福亭福笑師匠に入門したというインテリ落語家だ。

一見するとウルフルズにいたトータス松本の様なイケメンだが、笑福亭鶴光師匠の様な甲高くねちっこいしゃべりが売り物で、将来性を感じさせる落語家だ。

上方の若手落語家の高座を見る機会は少ないので、『落語者』の様な番組はとても有り難い。

カテゴリー: 演芸 タグ: パーマリンク

『落語者』 への3件のフィードバック

  1. うっかりちゃっかり のコメント:

    ドリアンさん、たまちゃんを“発見”されましたね。
    時々、東京でも、落語会を開かれてますよ。
    近日中に、案内メールを転送しますね~

  2. durian のコメント:

    コメント有り難うございます。
    是非今度ご一緒に。

  3. うっかりちゃっかり のコメント:

    宜しくお願いしますm(_ _)m

    明日のたまちゃんは、予約があまり入ってないのですって。
    面白いのになぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です