nano無償交換

nano_exchange.jpg

昨日Appleから次の様なメールが届いた。

iPod nanoをお使いのお客様へ

Appleでは、ごく稀にiPod nano(1st generation)のバッテリーが過熱して安全上の問題を引き起こす可能性があることを確認しております。対象となるiPod nanoは2005年9月から2006年12月の間に販売されたものです。

この問題は、製造上の欠陥があるバッテリーを生産した特定のバッテリーメーカーに原因があることがわかっています。
実際に過熱事故が発生する可能性はきわめて低いとはいえ、バッテリーの経年に伴ってその可能性は高くなります。

iPod nano(1st generation)をお持ちのお客様は使用を中止し、下記の要領で無料交換手続きをされることをおすすめいたします。

確かに私は2005年9月に初代iPod nanoを購入した。

iPod nano がやってきた – 天網快快

その後、バッテリーが発火するというニュースも報じられたが、今頃になって無償交換を奨めるとは、一体どうしたのだろう。

iPod nanoから火花? – 天網快快

当時からバッテリーに問題があることはAppleも承知していたが、経年変化しなければ問題ないと考えていたのだろうか。

いずれにせよ、ホイール部分も薄汚れ、とうの昔にお蔵入りになっていた初代iPod nanoが新品になって戻ってくる。

Appleはそんなに沢山の初代iPod nanoを、どこに保管していたのだろう。

願わくば最新(第6世代)のiPod nanoに交換してくれれば嬉しいのだが。

カテゴリー: iPod タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です