Kindleで英辞郎

話題のスティーブ・ジョブズの伝記をどうやって読もうかと考えていたが、iPhone/iPad/Mac/PC/Kindleいずれのプラットフォームでもユビキタスに読めるKindle版で読むことにした。

と言っても、私の場合はiPadもKindleも持っていないので、当面は『Kindle for iPhone』か『Kindle for Mac』のアプリで読むことになる。

Kindleはまだ日本の書籍を扱っていないので、米国のAmazonから英語版を購入した。

Steve Jobs Steve Jobs
Walter Isaacson

Simon & Schuster 2011-10-24
Sales Rank : 1

See details at Amazon by G-Tools

勿論わからない単語も出てくるのでKindleに内蔵された辞書を引きながら読むことになる。

Kindleには米語と英語の他に、独、西、仏、伊、葡語の辞書(英訳辞書)が用意されている。必要に応じてダウンロードする仕組みだ。

K-eiji1.jpg

昔英語の授業で、英英辞典を使うと勉強になると言われたが、やはり日本語の意味がわかった方が読みやすい。

何か方法がないかと調べたら、日頃使い慣れている英辞郎をKindleでも使うことができるということがわかった。

東村ジャパンという会社が販売しているKindle用の英辞郎の辞書にパッチを当てて、アプリ版のKindleでUK版の英英辞書(Oxford Dictionary of English)の振りをさせて使おうという試みだ。

パッチの当て方等についてはこちらのページのお世話になった。

Kindle のおいしい使い方 @Wiki – アプリ版Kindleの辞書入替

Windowsユーザには実行するだけでパッチの当てられるexeファイルが用意されているが、Macユーザなので、Xcode、MacPorts、xdeltaをインストールした上で、ダウンロードした差分ファイルをxdeltaで実行するという手間がかかる。

それでも無事Kindleアプリ用の辞書『eijiro131k2uk.mobi』が出来上がったので、iExplorerというアプリでMacに繋いだiPhoneの中にあるUK版英英辞書『B003WUYRGI_EBOK.azw』と入れ替えることにより、iPhone用のKindleアプリでも問題無く英辞郎が使える様になった。

K-eiji2.jpg

ついでにMac用のKindleアプリでも英辞郎を使える様にしてみた。

Kindleアプリのコンテンツフォルダにある英英辞書を英辞郎の辞書に置き換えれば良いのだが、Macの場合どこにコンテンツフォルダがあるのかネット上で検索しても出てこない。

色々と探してみたところ、ユーザフォルダの中の書類フォルダの中に『My Kindle Content』というフォルダがあるのが見つかった。この中にある『B003WUYRGI_EBOK.azw』と入れ替えればOKだった。

K-eiji3.jpg

英語の辞書でもそうだが、Kindle for MacやKindle for PCの辞書のフォントは読みづらいのが難点だ。もっと読みやすいフォントに変える方法はないものか。

Amazonは今年中に日本でもKindleを発売する予定とのことなので、既に日本の出版社と英和辞典をKindleに載せる準備をしているに違いない。

そうなるとここに書いた英辞郎にパッチを宛てて使う方法は意味がなくなるかもしれないが、25年前に英語版のMacintoshにSweetJamという日本語表示アプリを載せて使っていた私としては、どうしてもやってみたかった事なのだ。

カテゴリー: iPhone, パソコン・ネット, 本・雑誌 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です