Siri

iPhone 4のOSをiOS5にアップデートしてもiPhone 4Sに追い付くことができない機能の1つに『Siri』がある。

ちなみに『Siri』と書いて『ˈsɪəri/ スィアリ』と発音するそうだ。

人間の言葉を聞いてそれに答えてくれるという秘書の様なアプリケーションだ。

iOSに組み込まれ、リマインダー、天気予報、株式情報、テキストメッセージ、Eメール、カレンダー、メモ、音楽、時計、Webブラウザー、地図、Wolfram Alpha(質問応答システム)などと連携しているらしい。

残念ながら現時点では英(米、英、豪)独、仏語のみにしか対応していないが、来年中には日、中、韓、伊、西語に対応する予定であるとのこと。

このSiriを見て直ぐに思い出したのが、Appleが1992年に発表した『Knowledge Navigator』という未来予想ビデオ。

スカリーがCEOをしていた時代のビデオではあるが、ジョブズは外部の技術を買い取り19年後に実現した。

ジョブズ亡き後もまだまだAppleには期待できそうだ。

カテゴリー: iPhone タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です