バスケ通り

今週月曜日から渋谷のセンター街のメーン通りの名前が『バスケットボールストリート(通称、バスケ通り)』と呼ばれるようになった。

basket.jpg

『センター街』が『バスケ通り』に変わったのではなく、渋谷センター商店街振興会が、今まで正式名称の無かったTSUTAYAからマクドナルドまでの目抜き通りの名前を、『バスケ通り』と命名したという訳だ。

だが、なぜバスケットの名前を冠することにしたのだろう。

近くの代々木体育館でプロバスケの試合が行われる事が理由らしいが、フィギュアスケートだって行われる。

商店街の中に大きなバスケットボール用品店があるらしいので、その人の意見が左右したのかもしれない。

この通りはキャッチセールスや居酒屋の呼び込みが盛んで非常に歩きにくい通りだ。

振興会の方々には、通りの名前を付けることより、もっと歩きやすい街になるようお願いしたい。

カテゴリー: 身の回り タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です