似顔絵展

高校の大先輩が趣味で始めた『有名人の似顔絵』の個展が銀座で開かれていたので見に行ってきた。

美大を卒業後、大手広告代理店でデザイナーをされていたらしいのだが、定年後有名人の似顔絵を描き始め、『週刊朝日』誌上の『山藤章二の似顔絵塾』に投稿し、既に70作品以上が入選作として誌上に掲載されているそうだ。

銀座にはギャラリーが沢山あるが、このビルは手動でエレベーターの外扉と中扉を開けるという大変古風なビル。

gallery.jpg

4階のフロアに上がるとそれぞれの部屋がギャラリーとして使われており、涌水(わくすい)先輩の個展の部屋は一番奥にあった。

nigaoe1.jpg

壁中に所狭しと飾られた100枚の作品。投稿した作品は葉書の大きさらしいのだが、個展の為にA4大に引き延ばして印刷されたそうだ。

nigaoe2.jpg

今話題のこの芸能人も数年前に描かれたそうだが、メダカのような魚を配している理由を先輩に尋ねたところ、「若い雑魚芸人を見極める目が鋭いから」とのこと。

nigaoe3.jpg

nigaoe4.jpg

私が一番気に入ったのは、ドラえもんに扮した阿部サダオ。個展が終わったら頂く約束をした。

涌水清似顔絵展』は銀座ギャラリー403で17日(土)まで。

カテゴリー: アート タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です