ウォシュレット買換

結局電源が入らなくなった自宅のウォシュレットは、自分で購入して付け替えることにした。

電源以外にもリモコンの不調や水漏れなど、14年経って色々とガタがきていたからである。

今年はウォシュレット誕生30周年を迎えるとのこと。

14年前の機種と比較するとかなり改善されているだろう。

ネットで調べてみると、TOTOのウォシュレットには2系統あることがわかった。

『アプリコット、S2、S1、SB』の住宅機器用シリーズと、『KN、KV、KS、K』の家庭用市販シリーズの2つだ。

前者は水道工事業者ルートで販売され、後者は家電量販店などで売られている。

業者ルートの方が安いのかと思ったらそうではなく、家電量販店で売られている方が2万円程それぞれ安い。

一番シンプルなSBシリーズが4万円程度なのに対し、Kシリーズが2万円程度で売られている。

実は今やTOTOやINAXだけでなく、Panasonic、SANYO、TOSHIBAなどからも温水洗浄便座は売られており、量販店で今一番人気なのはPanasonicの物らしい。

ところが家のトイレは、便器やタンクやペーパーホルダーが全て『ハーベストベージュ(#SC4)』という特殊な色で統一されている。

業者ルートのSBシリーズにはこの色があるが、同じ4万円出すのであれば量販店で上位機種を買った方が良い。

量販店で売られている機種でこの色があるのはTOTOの一番上のKNシリーズだけだ。

KNシリーズにも3種類ある。普通のもの、それに温風乾燥が付くもの、更に人が近づくと蓋が開くもの。

今までの経験からして温風乾燥なんて使ったことがない。ましてや蓋の開閉なんて手で十分だ。

ということで、KNシリーズの一番下(TCF728)を4万円で買うことにした。この色は注文生産なので2週間待ちだ。

最近どこのトイレに行っても温水洗浄便座の型番が気になって仕方がない。

カテゴリー: 家電, 身の回り タグ: パーマリンク

ウォシュレット買換 への2件のフィードバック

  1. arip のコメント:

    うちは2年くらい前にアプリコットのふたが自動で温風乾燥なしに交換しました。業者に頼んで結構良い値段しました。

  2. durian のコメント:

    蓋が自動のアプリコットとは張り込みましたね。酔っ払っている時には便利かも。
    機能的に同等なKNシリーズのTCF758(温風乾燥もあり)で52,700円位ですね。
    自分で取り付ける必要がありますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です