nsulget

先日実家に置いてあるMac mini 2007にLionをインストールした事を書いたが、Lionにして以来、起動時に「PowerPC アプリケーションは現在サポートされていないため、アプリケーション nsurlget を開けません。」というメッセージが出るようになったと父からメールが届いた。

LionがPowerPCアプリを切り捨てたことによるものだと思うが、『nsulget』がどのアプリに関係する物かよくわからない。

Googleで『nsulget』を検索すると『Televi』というWidgetが接続の為に使用しているという。

そう言えば昔Mac miniにTV番組表を取得するWidgetをインストールした覚えがある。

このWidgetを削除してしまえば、起動時にエラーが出なくなるはずだ。

電話で父にウィジェット画面を出してもらうよう頼んだが、Widget画面を呼び出した瞬間にエラーが出て終わってしまうとのこと。

Finderから直接Televiを削除しなければならないようだ。

ユーザがインストールしたWidgetは、ユーザフォルダ→ライブラリフォルダ→Widgetsフォルダの中にある。

ところがLionになってユーザのライブラリフォルダが非表示になってしまっている。

これをまず表示しなければならないので、Googleで検索したところ、次のコマンドをターミナルから打ち込むと表示できることがわかった。

『chflags nohidden ~/Library/』

これでようやく『Televi』を削除することができ、エラーメッセージが出ないようになった。

特異な例かもしれないが、誰かの役に立つかもしれないので、ここに書いておくことにした。

カテゴリー: パソコン・ネット タグ: パーマリンク

nsulget への1件のフィードバック

  1. durian のコメント:

    テスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です