カラーレーザープリンター

勤め先の社長が交代し、バタバタとしている。

新社長が社長席のそばにも専用のプリンターが欲しいと言う。

確かに機密性の高い書類を印刷した時、慌てて共用プリンターまで走っていく姿は格好良くない。

ITも私の守備範囲となっているので、早速どの機種を購入するか検討した。

A3も印刷できるカラーレーザープリンターとなると、価格コム等のネット上の評判がほとんど役立たないことがわかった。

パーソナル用インクジェットプリンターでマーケットを二分しているC社やE社もこの分野ではそれ程人気が無い。

躯体の小ささや、スピード、印刷コスト、省エネ度等を比較検討した結果、富士ゼロックスのDocuPrint C3350が一番良さそうだ。

メーカーのWEBサイトによると、定価が174,000円(税別)と書いてある。

Amazonで調べたら、安い店なら5万円程度で売られている。

念の為、出入りの富士ゼロックスに見積もりを出させたところ、定価の7掛けの11万円台までしか値引くことが不可能とのこと。

パーソナル用のプリンター同様、メーカーは安く販売して、純正のトナーやメンテナンス料で元を取るビジネスをするのではないかと思っていたが、そうでもないらしい。

楽天市場でも5万円台で販売しているショップ複数あった。

プリンターの定価というのは、有って無い様なものだという事がわかった。

カテゴリー: デジモノ タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です