東電がグランドを売却へ

【売買】東京電力が総合グランドを売却へ、杉並区と交渉|日経不動産マーケット情報(ケンプラッツ)


大きな地図で見る

東電が、福島第1原発事故の賠償費用を捻出するため、杉並区下高井戸にある総合グランドを売却するとのこと。

売却候補先は杉並区で、 時価は約190億円。

売却後は区にスポーツ施設付きの公園として使ってもらうことで話を進めているとのこと。

190億円程度では賠償費用のほんの一部にしかならないが、やれることはすべてやりますという一種のポーズだ。

金融機関を始めとする大企業は、皆都内のグラウンドや社宅を売却済みである。

東電もやっと普通の民間企業に近づいて来ただけ。

そんな気がする。

カテゴリー: 社会 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です