お遍路の旅(延命→難航→退散)

kan.jpg

菅首相が2004年に自らの年金未納問題が発覚して民主党代表をを辞任した後、何度かに分けて四国八十八箇所のお遍路の旅に出たことは有名だ。

五度目のお遍路で、五十三番札所の『圓明寺』まで歩いたらしい。

菅首相は6月2日に開かれた民主党代議士会で、「私にはまだ、松山の五十三番札所から八十八番札所まで、お遍路を続ける約束も残っている。」と述べていることから、それは確かなのだろう。

菅首相:退陣の意向 発言要旨--民主党代議士会 – 毎日jp(毎日新聞)

それでは五十三番札所の圓明寺(えんみょうじ)から再開して次に向かう寺の名前は何というのかご存じだろうか。

それは『延命寺(えんめいじ)』である。

菅首相はこんなこともあろうかと、わざわざ延命寺を次に取って置いたのだろうか。

ちなみにその次は、難航『南光坊』で、更にその次は退散『泰山寺』らしい。

参考:四国八十八ケ所寺院一覧

カテゴリー: 政治 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です