Apple Keyboardの掃除

Mac Proに繋いでいるApple Keyboardの左commandキーの調子が最近おかしい。

押した後にキーが戻らず少しひっかかる感じがあるのだ。

ゴミでも入ったのではないかと思い、キートップを外して掃除をしてみることにした。

ネットで調べてみると、キートップの上側から外していけば良いとのこと。

Apple アルミニウムキーボードの掃除とスチームパンク大百科:I am Shingu, ぼくしんぐー

キートップを外すと、細くて短い毛が一本入っていたので、それを取り除いた。

樹脂製の部品が2個組み合わさってバネのようになっているのだが、その部品を元の位置に戻すのが一苦労。

結局1時間以上悪戦苦闘したが、うまくはまらず、キートップの上部が浮き上がり外れそうな状態になった。

何度もやっている内に、樹脂が痛んでしまったのかもしれない。

よい子は真似をしないように。

カテゴリー: パソコン・ネット タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です