画面キャプチャが開かない

iPhoneはホームボタンとスリープボタンを同時に押すことで画面キャプチャを撮ることができる。

フォーマットはPNG(Portable Network Graphics)だ。

iPhoneをUSBケーブルでMacに繋ぐと、カメラで撮った写真と共にiPhotoに読み込ませることができる。

このブログでも何度かiPhoneの画面キャプチャを紹介してきたが、オリジナルのキャプチャ画像はちょっと大きいので、写真と同様iPhotoからPhotoshop Elements 8を呼び出してリサイズしていた。

リサイズだけならiPhotoでも十分なのだろうが、写真の修正を行う場合はPhotoshop Elements 8を使うので、ついそちらを使ってしまう。

先日いつもの様にリサイズしようとしたら、Photoshop Elements 8が「要求された操作を完了できません。不明または無効なJPEGマーカーが見つかりました。」というエラーを吐き出して画像を読み込むことができなかった。

pse_error.jpg

最近撮った画面キャプチャは全部駄目だ。

試しにiPhoto上のサムネイルをPhotoshop Elementsにドラッグしたところ、いつも通りに表示された。

画像ファイルのヘッダが壊れている感じだが、iOSがおかしいのかiPhotoがおかしいのか、理由がさっぱりわからない。

カテゴリー: iPhone タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です