メモリを増設

Mac Pro (Early 2009)のメモリを増設することにした。

購入時はBTOで2G×4の8Gにしておいたのだが、何となく処理のパフォーマンスが落ちてきたので、メモリを増やすことにした。

メモリスロットは全部で8つあり、その内4つ空いている。

この機種は、同じ容量のメモリを3枚ずつ増やすのが最も最適であると聞いているので、4Gのメモリを3枚購入することにした。

少し前のメモリであることから、取り扱いをしている店が余り無く、Amazonのマーケットプレイスで購入することにした。

Kingston 4GB 1066MHz DDR3 ECC CL7 DIMM with Thermal Sensor KVR1066D3E7S/4G Kingston 4GB 1066MHz DDR3 ECC CL7 DIMM with Thermal Sensor KVR1066D3E7S/4G

キングストンテクノロジー 2010-05-14
売り上げランキング : 87533

Amazonで詳しく見る by G-Tools

GW中に注文したのだが、昨日ようやく家に届いた。

DIMM.jpg

Mac Proのメモリ増設作業は非常に簡単である。

パネルを開けて、CPUとメモリが乗っかったパーツを取り出して、メモリを追加する。

DIMM2.jpg

問題は全部で8つあるメモリスロットのどこに4G3枚を装着するかである。

ひとまず1,2,5番のスロットに4Gを挿し、3,4,6,7番のスロットに2Gを挿してMac Proを起動してみた。

DIMM3.jpg

Mac Proはとても親切で、起動時にメモリの装着が最適であるかどうか、自動的に診断してくれる。

それによると、スロット1番から順番に、4,4,2,-,2,4,2,2という様に装着するのが最適であるとの表示が出た。

slot.jpg

どういう理由でこうなるのか実はよくわからないのだが、一旦電源を落としてその通りに差し替え再起動したところ、今度は最適であるとの表示が出た。

slotok.jpg

これでメモリは8GBから20GB に大きく増えた。

20GB.jpg

心なしか、アプリケーション操作時のもたつきが解消された様な気がする。

カテゴリー: パソコン・ネット タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です