新HSK単語帳(4)

Flashcards Deluxe(以下FDと略す。)ではカードの束のことをDeck(デッキ)と呼ぶ。

デッキをFDにインポートするには、以前は作者のWEBサイトにタブ区切りしたデータをアップロードし、それをFDでダウンロードする方法が一番楽だった。

その後GoogleドキュメントにアップロードしたExcelファイルを簡単にFDでインポートできるようになった。

先週リリースされた最新バージョン(V.2.8)では、DropBoxに置いたテキストデータをインポート・エクスポートできたり、iTunesのUSB接続でもインポートできたりするようになっている。

またGoogleドキュメントにもスプレッドシートとして書き戻す(エクスポートする)ことが可能になった。

個人的には、MacとWindowsを使い分けていることから、デッキの編集はDropBoxに置いたExcelデータで行い、そのデータをGoogleドキュメントにスプレッドシートのままアップロードし、それをFDにインポートするというのが、一番便利だと感じている。

この辺りについては、この方の解説ページを読んで頂いて、自分の環境に合った方法をとって頂ければと思う。

さて、Googleドキュメントを経由してデッキをインポートする方法だが、『Flashcards Deluxe』というフォルダを作成して、そこにExcelのデータをスプレッド形式のままアップロードする。(詳しくはこちらの解説ページを参照。)

FDを起動してデッキの一覧ページから『+』ボタンを押すと、『Add Deck』ページに移るので、一番下にある『Google Docs』ボタンを押すと、Gmailのアドレスとパスワードを求められる。

fd-1.jpg

入力してログインすると、ダウンロード可能なデッキが表示されるので選択してダウンロードすると、新しいデッキがデッキ一覧ページに表示される。

fd-2.jpg

今回は『HSK 1-6』という名前をつけたが、それをタップすると先頭のフラッシュカードが表示されるというわけだ。(続く)

fd-3.jpg

カテゴリー: iPhone, 中国語 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です