HSBC戦線縮小

英HSBC、富裕層向け事業など最大35億ドルのコスト減へ

HSBCがコスト削減の為、ウェルスマネジメントやリテールバンキング事業を展開する市場を絞り込むという。

ウェルスマネジメント事業は、今後収益の期待できる中国、インド、ブラジルを含む18カ国に、リテールバンキング事業は、黒字になっている英国と香港以外では、メキシコ、シンガポール、トルコ、ブラジルなどの高成長市場に絞り込むそうだ。

HSBCは日本に於いてもミドルクラスを対象とするウェルスマネジメント事業を展開しているが、儲かっていそうに見えない。

UBSやCitibankなども、何度か日本市場でプライベートバンキング事業を立ち上げようとしたが、その都度挫折している。

HSBCはどの国からウェルスマネジメント事業を撤退するか明らかにしていないが、日本も含まれているのではなかろうか。

カテゴリー: 社会 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です