Remote Wake Up

会社のPCの電源が落ちていても、リモートで一斉に立ち上げられるように設定中。

DELLのOptiplex 755というモデルとOptiplex 780というモデルが混在しているのだが、古い755の方は、BIOSの設定画面から、Power Managementの中にあるRemote Wake UpをOffからOnに変更することで可能になった。(BIOSは、[F2]キーを押しながら電源を投入すると起動する。)

ところが、新しい780の方はBIOSのバージョンが異なっており、Remote Wake UpをDisableからEnableに変えた後、他のPCから780にMagic Packetを送っても、電源が一向に立ち上がらない。

仕方がないので、DELLのサポートセンターに聞いてみた。

電話口に出た若い女性は「Remote Wake UpをDisableからEnableにするだけで大丈夫」と言う。

私は「BIOSの他の設定で何かチェックしておくべき項目は無いのか」と尋ねるも、「Remote Wake Upだけで大丈夫」と繰り返すばかり。

諦めてWEBでBIOSのマニュアルを探し出し、さっと眺めていると、Power Managementの中のLow Power Mode(低電力モード)というのが怪しい。

試しにLow Power Modeをチェックしたところ有効になっていたので、無効に変えてMagic Packetを送ったところ、あっさりとリモートで電源が入った。

誰がいつから有効にしていたのかわからないが、所詮サポートセンターといってもこんなレベルだ。

自分の為の覚書の様なブログになってしまったが、同じ様な状況に悩む誰かの役に立つかもしれない。

カテゴリー: パソコン・ネット タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です