孤島

東京湾の埋立地に建てられた大型オフィスビルから、複数の主要テナントがごっそり抜けだすことになったとの話を聞いた。

どうやら今回の大地震がきっかけらしい。

このビルは3年前に建てられたばかりで、海外の大手投資家が投資をしているビルだ。

ビルが壊れたとか液状化が起きたとかの話は聞いていないのに、一体どうしてなのだろうと思っていたが、昨日BCP(事業継続計画)の専門家から、こんな話を聞いた。

何でも東京湾の埋立地は、大地震が起きた時は都心に通じる橋が全て閉鎖され、鉄道やモノレールも停止することになっており、文字通り『孤島』となることが決められているとのことだ。

人々が都心部へ逃げようとしてパニックが生じない様にする為にそうなっているのだという。

今回も実際にそれが適用され、帰宅困難になったという人のブログも見つけた。

埋立地から停電の恐れも無い都心部へオフィスを移転しようという動きが活発になっている。

都内のオフィスビルの中でも、ロケーションにより大きく明暗が分かれることになりそうだ。

カテゴリー: 社会 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です