タイマーで節電

夏場に本当に電気が足りなくなるかどうか怪しいところだが、企業に対しては各監督官庁から電力消費量削減策を講じるように求められることは目に見えている。

昼休みはオフィスの照明を落とそうとか、冷蔵庫やウォーターサーバーの電源を小まめに切ろうとか色々とアイデアが出ている。

ただし、電力供給量に余裕のある夜に電源を落としても、あまり節電の効果は無い。

夏の電力消費のピークである15時前後に行ってこそ、節電の効果があるというものだ。

ただ、毎日14時に消して16時に付けると決めていても、忘れてしまうことも多いだろう。

こういうタイマー付きコンセントを使うというのはどうだろう。

値段も数百円だ。

これなら簡単にピーク時の節電ができるのではなかろうか。

カテゴリー: 家電 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です