iPhoneが行動履歴を記録

昨日、iPhoneがユーザーの行動履歴を保存していることが判明し、ネット上で話題になっていた。

iPhoneがユーザーの行動履歴を保存していることが判明 – Touch Lab – タッチ ラボ

何でもiOSが4.xになって以来、iPhoneと、そのバックアップを取っているMac/PCの両方にユーザーが訪れた携帯基地局による位置情報を日時とともに記録しているらしい。

何だか恐ろしい話ではあるが、特にiPhoneがこの情報をどこかに送信しているという事実は無いらしい。

このデータを地図上にプロットするMacのツール『iPhone Tracker』というのが公開されていたので、ダウンロードして表示してみた。

iptrack1.jpg

格子状に並んだ基地局に何回つながったかで濃淡が付けられるようだ。

左下の再生ボタンを押すと、データが取得され始めた日から時系列で表示され、最後に『All Time』ということで全ての期間を累積表示して止まる。

ほとんど東京を離れない、単調な生活だ。

今年の元旦に江ノ島へ行ったのと、今月成田空港に行ったのが唯一の例外で、あとはずっと都内。だが1回のトリップでも結構大きく表示されている。

iptrack2.jpg

拡大してみたが、格子の目が粗いので、どこのお店に行ったとかいうこともわからない。それ程危惧する必要もなかろう。

そう言えば、昨年10月に上海へ行ったが、そのデータは無かった。

iptrack3.jpg

時系列で見ると一番古いデータは2010-11-18のデータであった。

もしかするとこの機能は、iOS4.0からではなく、iOS4.1から搭載されたものではなかろうか。

カテゴリー: iPhone タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です