スピニング

最近渋谷のジムが改装し、専用スタジオにスピニングのマシンが25台設置された。

スピニングとは余り聞き慣れない言葉だが(Wikipediaにも未収録)、Weblio辞書によればこう書いてある。

サイクリングマシンを使った屋内サイクリングで、ペダルに負荷をかけて漕ぐ力を調節できるもの。インストラクターはバーチャルなヒル・コースを使って負荷調整のタイミング等について利用者を指導する。

これまでも『Ride』という別のサイクリングマシンを使ったプログラムはあったが、今回のは身体に心拍数を計測する機器を付けたり、目の前に実際の道の映像を流したりするので、少し『Ride』に飽きてきた私でも楽しみながらトレーニングすることができる。

別の大型ディスプレイには、参加者各自の心拍数や、目標心拍数に対する割合などが逐次表示されるので面白い。

私の場合、負荷をかけても心拍数は低めで目標心拍数(220マイナス年齢)に対する割合も低めである。

渋谷店からは足が遠退いていたが、これを機に渋谷店にも足を運ぼう。

カテゴリー: 身の回り タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です