中華料理店

先週昼休みに職場近くの雲南料理の店に行ったところ、臨時休業していた。

扉には「必要な食材が手に入らない為」と書いてあった。

土曜日に新宿の焼小籠包の店に行ったら「事情により休業しています。」と書いてあった。

中華食材の卸商や、お店の従業員が中国に帰ってしまったのかもしれない。

昨日こんなニュースを見つけた。

横浜中華街 震災で2割が帰国も、チャリティーで被災地支援 2011/04/05(火) 14:04:37 [サーチナ]

香港メディアによれば、横浜中華街に住む2000人の中国人の内、2割が帰国してしまったとのこと。

中には食材の卸を営んでいた人もいるだろうから、中華街以外の中華料理店にも影響が出ているのだろう。

記事にも登場する中華料理の高級食材の一つであるフカヒレは、気仙沼で水揚げされ加工される物が一番上等とされている。

しばらくするとフカヒレ料理の値段がドンと跳ね上がってしまうかも知れない。

カテゴリー: 身の回り タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です