REGZA用2.5インチHDD

年末に19型の液晶TVを購入するにあたり、初めはPanasonicかSONYにしようかと考えていた。

ところが調べてみると、PanasonicやSONYは大型TVを売ることしか考えておらず、19型には全く力を入れていないということに気が付いた。

一方で東芝の場合は、19RE1でも液晶や映像処理エンジンなどは上位機種の32RE1とほぼ同等の機能を備えていることがわかったので、同社のREGZA 19RE1(年末にマイナーチェンジして『19RE1S』となった。)を選択したわけである。

更に、REGZAシリーズを選んだ理由の一つとして、外付けのHDDをUSBで接続するとレコーダーとして使えるということもあった。

『ながら見用』ではあるが、付いている機能は使ってみたい。

足元に転がっている3.5インチのHDDを利用することも考えたが、別途AC電源を取るのは面倒くさいし、TVが小さいのに3.5インチのHDDは大きくて邪魔だ。

REGZAのWEBサイトによると、純正の2.5インチの他は、アイオーデータとバッファローの3.5インチの物しか動作確認済みリストに載せていない。

しかしネットで調べてみると他のメーカーの2.5インチのバスパワーの物でも大丈夫なようだ。

2.5インチでも1TBの容量は確保しておきたい。

一昨日ネットで検索すると、上海問屋が、台湾ADATA製の2.5インチバスパワーの1TBを8,999円で販売していたので、ポチリとクリックした。

HDDは昨日のお昼に宅急便で届いた。

ADATA1.jpg

小さな手帳ぐらいの大きさで、USBケーブルを巻き付けるようになっている。お茶目なシールも同梱されていた。

ADATA2.jpg

早速REGZAに繋いだところ、HDDは問題なく認識された。試しに録画してみたが問題無く録画できた。

あえて難点を挙げれば、USBケーブルがかなり短いことぐらいだ。

一昨日の朝に注文した時はまだ販売していたが、昨日はもう完売となっていた。

おそらくUSB3.0に対応した商品に入れ替える為、USB2.0対応の商品は在庫一掃だったのかもしれないが、REGZAがUSB2.0 にしか対応していないので、これで十分だ。

カテゴリー: Audio Visual, デジモノ タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です