スーパームーン

今夜、月が19年振りに地球に最接近し、最大の満月となるらしい。これをスーパームーンと呼ぶそうだ。

正確には、明日20日の3:10に満月となり、4:09に最接近するとのこと。

実はこの話を知ったのは、今月9日に『ロケットニュース 24』というサイトの記事を読んだからだ。

3月19日、19年ぶりに月が地球に最接近! 「地震や火山活動を引き起こす」という説も – ロケットニュース24(β)

GIZMODEは翌日10日にスーパームーンの事を取り上げていた。

スーパームーンで人類滅亡の日は近い!(たぶん俗説) : ギズモード・ジャパン

NEVERは11日だ。

スーパームーンとは何か調べてみた。 – NAVER まとめ

おそらく3月1日のこのブログの記事が出所なのだろう。

いずれの記事も、俗説であると断りながら、過去に最接近した時には巨大なハリケーンやサイクロンが発生し、大きな災害が起きたことを話題にしている。

ロケットニュースやGIZMODEは、前回2005年1月のスーパームーンの時は、2週間前にスマトラ島沖地震(M9.3)が生じたことにも触れていた。

記事を書いた人も、まさか本当に大地震が起きるとは考えていなかっただろう。

スーパームーンの時は地球と月と太陽が一直線上に並ぶので、普段と引力のバランスが異なることは確かなようである。

NASAは今回の地震とスーパームーンは無関係であると発表したようだが、本当に偶然の一致として片付けて良いものだろうか。

カテゴリー: 社会 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です