NASのHDD

職場のサーバーのバックアップメディアとして使用していたBuffaloのNAS(ネットワーク接続ストレージ)が、3月11日の地震でおかしくなった。

RAID 5を組んでいる4台のHDDの内、1台目のHDDにFatal Errorが生じていた。

NASはサーバーラックの中に置いていたのだが、余りにも強い横揺れの為に吹っ飛んで、ラックの内壁にぶつかったのが原因ではないかと思う。

1.6TBのNASなので、それぞれのHDDの容量は400GBである。

バルクのHDDを買えば4千円程度なのだが、400GBのHDDは現在流通していない。

価格.com – ハードディスク・HDD(3.5インチ) 製品一覧 (250GB~500GB)

違う容量のHDDではまずいだろうということで、Buffaloのカートリッジ装填済み交換用HDDを注文した。

翌々日に届いた交換用HDDを見てみたら、SAMSUNGの500GBだった。

2TBのNAS用のパーツと間違いではないかと思ったが、ちゃんと1.6TB用の物だと書いてある。

NASに装着してチェックしてみたところ、他のHDDと同様に3百数十GBだけを使用しているようだ。

これならバルクの500GBのHDDを買えば良かった様な気がするが、仕事用の物なのでまあ良しとしよう。

カテゴリー: デジモノ タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です