LANコネクタを付け替える

最近作業テーブルの所でノートPCをLANに繋ぐと、サーバーを認識しない事がちょくちょくある。

よく見てみると、ケーブルの被覆がほとんどコネクタにかしめられていないことが分かった。

LAN1.jpg

これでは少しケーブルを曲げるだけで銅線がコネクタから抜けてしまう。業者の手抜き作業によるものだろう。

業者を呼んで作業をさせても良いのだが、今回は自分でコネクタを付け替えることにした。

参考にしたのはこのWEBサイト

準備したのは右から『かしめ工具』『RJ-45コネクタ』そして『コネクタ保護カバー』

LAN2.jpg

かしめ工具は高級な物は1万円以上するが、今回はAmazonで2,400円程度の安い物を買った。

被覆の切断や銅線の切断もこれ一台でできる。結果としてはこれで十分だった。

古いコネクタをちょん切り、被覆を1.5cm程剥いて、よじられた8本の銅線を上記のWEBサイトを参考に並べ替える。

今回はクロスケーブルなので、右から緑白、緑、橙白、青、青白、橙、茶白、茶の順番だ。

LAN3.jpg

これをRJ-45コネクタに差し込む。この時コネクタの裏表を間違えてはいけない。

難しそうに見えて意外と簡単に8本の銅線がそれぞれの隙間に入る。ズボッと奥まで突き当たった時に快感を感じた。

LAN4.jpg

コネクタをかしめ工具に差し込んで、しっかりとかしめる。

LAN5.jpg

ノートPCにコネクタを差し込んでテストしてみたところ、一発でOKだった。

LAN6.jpg

念の為、コネクタとケーブルの継ぎ目にコネクタ保護カバーを付けておいた。

LAN7.jpg

コネクタ保護カバーは、コネクタを付ける前にケーブルに通しておいて取り付けるタイプと、コネクタを付けた後に被せるタイプがある。

前者の方がしっかりしている事はわかっているのだが、今回は接触不良を起こしていないケーブルにも後付けで保護カバーを付けるつもりだったので、後者の方を選んだ。

これでしばらくは大丈夫だろう。

カテゴリー: パソコン・ネット タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です