大久保コリアンストリート

昨夜新大久保で食事をした。

改札を出ると大勢の若者達が群がっており、まるで原宿や渋谷の様である。

新大久保には元々在日の店は多かったが、マレーシアや中華系のお店が増え始め、一時は韓国系よりも優勢だった。

ヨン様などの韓流ドラマが流行った頃でも、形勢を逆転するまでには至っていなかった様に思う。

ところが、最近フジテレビ等がK-POPを流行らせた影響もあってか、イケメンシンガーのグッズを販売する店がどっとオープンした。

それに加えて、焼肉以外も提供する韓国料理の店がズラリと並ぶようになった。

以前は大久保通りと言えば、何となく危ないという印象があったが、今や日本人の若い女性が原宿に来たかの様に観光客と共に闊歩している。

昔、香港シンガーのCDや香港映画のVCDを求めて中華街や中野をうろうろした経験があるが、いまや香港エンタメ界の陰は全くもって薄れてしまった。

あの名作『男達の挽歌』が韓国でリメイクされた事が、それを如実に象徴している。

映画「男たちの挽歌 – A BETTER TOMORROW」オフィシャルサイト<

カテゴリー: 社会, 身の回り タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です