亀戸で落語

毎月16日は亀戸の『上方落語九雀亭』。

kujaku.jpg

同世代である桂九雀師匠の手だれた噺は、安心して笑いのツボにはまることができる。

桂枝雀師匠の長男の前田一知君も、しっかり固定ファンが付いてきた。

昨日は林家正蔵師匠のお弟子さんで二つ目の林家たこ平氏がゲストとして登場した。

キリスト教にかぶれた息子を親父が説教するという噺だが、題名はわからず。

あぶなっかしい噺ではあるが、TV等では聞くことが難しいこんな噺が聞けるのは、寄席ならではの楽しみ。

来月も3月16日に亀戸文化センターにて開催。

カテゴリー: 演芸 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です